気になる百合小説その8 ”どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人”の詳細を見る

どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人ってどんな本?

どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人ってどんな本?

書籍詳細
美しい女店主はわたしを愛した……

古書店の美しい女店主。もうすぐ15歳になるわたしは、彼女の「妹」になり、愛を受けることになった。それは大好きなお姉ちゃんの言いつけだった…。第2回小学館ライトノベル大賞・佳作受賞作!

その他情報

  • 著者:中里十
  • イラスト:しめ子

どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人の口コミ・レビュー

「同人歴の長い作者のデビュー作であり、年季のはいった百合哲学が感じられる。

甘えたり、頼ったり、ねだったり…。恋愛や友情であれば距離をはかりながらする行為を、無条件で与え、受け取りあう特別な関係としての「姉妹ごっこ」をモチーフにした話。少女の閉じた世界をテーマにした物語は数多いが、「最愛の実の姉/偽の姉」という設定が、主人公・初雪の世界の特別さを鮮明に印象づけている。

千葉が独立して王国になっているとか、姉の仕事が軍関係であるといった派手なネタはとても抑え目にかかれている。どこにでもあるような商店街のはずれの古書店が舞台であることや、文(あや)が少ない小遣いをやりくりして通ってくる、テストの日はお弁当を学校で食べて帰ってくるか?といった質素であたたかい日常の描写と独特のコントラストをつくっていて、読んでいてとても気持ちがよい。

難点をいえば、タイトルである「どろぼうの名人」がでてくる必然性がいささか弱いのが残念。」

「そこらにあふれている甘ったるい百合姉妹ものを期待している方はサヨウナラ。
実姉の命を守るためうんぬん…というキャッチコピーから、
サスペンス系やバイオレンス系、隷属系などを連想した方もサヨウナラ。
たしかに実姉は危ない橋を渡っていたり、軍が出て来たりしますが、
それは物語に現実っぽさを出すためにちりばめられている社会問題などと同じで
さらりとしたものです。
むしろ、
主人公である初雪の目線で穏やかに描かれている日常が心地よいです。
心におこる感情のさざなみ、微妙な距離感などの描写に惹かれました。

読後に、せつなく、且つ、あたたかい気持ちになりたい方におすすめです(*^^*)」

「読みやすい書き方で、ほんわかします
百合系ですが、その雰囲気がある程度。

ただ、途中の挿話がどうもしっくりこず、全体のテンポが崩れてしまうのが残念。
どろぼうの名人とかの挿話は、不要と思いました。いれるとしても 誰かに語らせ他方が作品のもつ流れを崩さなかったのでは、と思ってます。

けど、これからに期待したい方です。」

「買ってから5年も積みっぱなしだったのは大きな間違いだった
しかしどう言えばいいのかわからん
文章が素晴らしいのだけど、その文章は一人称なわけで
語り手である初雪ちゃんというフィルターを通して観る世界がじつに素晴らしい
しかしこの良さをどう表現すればいいのか、できない、幻想的とか安易な言葉では到底伝えられない
こういう文章を読めるときがあるから読書はやめられない」

まとめ どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人ってどうなの?

まとめ どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人ってどうなの?

「読みやすい」「百合要素は雰囲気程度」など、”百合もの初心者”にもぜひ手にして欲しいと言われる本作。
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、キンドル・アンリミテッドなら月額980円で本作品含め和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題になるとのこと。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

コメントお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください