気になる百合小説その30 ”NTR 寝取られ百合アンソロジー”の詳細を見る

”NTR 寝取られ百合アンソロジー”ってどんな本?

”NTR 寝取られ百合アンソロジー”ってどんな本?

書籍詳細
女性が女性のカラダで堕とされる───。背徳の百合アンソロジー登場!!!

その他情報

  • 著者:コダマナオコ・純玲・雪尾ゆき・ましまる・後藤悠希・蓮城はに・井原リオ・片倉アコ・せきはら
  • イラスト:コダマナオコ

”NTR 寝取られ百合アンソロジー”の口コミ・レビュー

「寝取られ百合アンソロジーですが“寝取られ”よりは“寝取り”の方が体感では多かったですね
背徳感はありつつもNTR特有の胸糞悪さみたいなものは全体的に抑えめだったので意外と万人に勧められるNTR入門書かも?
インモラルな百合は好きでも人が不幸になる話は苦手な自分でも楽しめたのでそういう人は是非どうぞ
逆に「三角関係ドロドロ!過激な愛憎劇!好きな子が奪われる絶望感!」みたいなものを求める方には少し物足りないかもです」

「ページ数が少ない作品が多いですが、内容もうまくまとまっているし、NTR系の話の割には、重いどろどろした感じも少なく、読みやすくいい作品が多いと思います。
がっつりのNTR系として読むのではなく、気楽に百合作品として楽しむ分には、いいアンソロジー本だと思います。」

「読み終わった感想としては
少ないページでこのテーマを表現することが如何に難しいか、ということです。
10数ページでは物語に大きな起伏をつけることができず、どこか単調な印象を受け、
タイトルに期待したほどの心の揺さぶりは得られませんでした。

すごく怖いホラー映画を期待して映画館に行ったら思ったより怖くなかった、みたいな感じでしょうか。

とはいえ、このテーマに目を付けアンソロジーを出版することの姿勢は素晴らしいと思いますし、
もっと長いページで読んでみたいと思える作品もありました。

次は1話あたり30~40ページぐらいの作品を集めた第二弾を作ってほしいです。」

「内容が薄い。 コダマナオコ氏が参加しているという事は男が出てくるってことです。それが嫌な人は最初から受け付けないと思いますよ。」

まとめ ”NTR 寝取られ百合アンソロジー”ってどうなの?

まとめ ”NTR 寝取られ百合アンソロジー”ってどうなの?

クチコミ・レビューを見ていくとなかなかに賛否分かれる印象でしょうか。
それでも、多数の作品を一同に見れるということで、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、キンドル・アンリミテッドなら月額980円で本作品含め和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題になるとのこと。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

コメントお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください