気になる百合小説その9 ”わすれなぐさ”の詳細を見る

”わすれなぐさ”ってどんな本?

わすれなぐさってどんな本?

書籍紹介
美しくも我儘なお嬢様・陽子と、彼女のあやつる糸に絡めとられていく牧子、そして学校一の優等生・一枝の、愛と友情の行方は……?少女小説の女王が描く、昭和ロマン漂う乙女たちの物語。

その他情報

  • 著者:吉屋信子

”わすれなぐさ”の口コミ・レビュー

「あたたかな百合です
少女のために書かれた文章ということで、非常に柔らかい文で、繊細な少女の心が描かれています。
ジャンクフード的なライトノベルなどのあとに読むと心にすっ、と染み入るようで、しかも飽きが来ないのです。何度も繰り返し読んでいます。」

「異なる少女三人の物語
性格の異なる少女三人に繰り広げられる友情(?)ストーリー。
文体は古いように感じましたが、それがまた味になり、また時代を表しているのだと感じられます。」

「するすると読めました
言葉遣いが面白かったです。
それ程長くないですし、このての小説によくあるな「辛さ」が殆ど無いので読み進めるのがラクでした。
是非一度読んでみてください。」

「吉屋信子の少女小説河出文庫版第2弾
本書は、少女雑誌「少女の友」に昭和7年4月号〜12月号まで連載された作品を文庫化したものです。河出文庫から吉屋信子の少女小説が出るのは、「花物語」に次いで2番目となります。本書もまた、「花物語」にみられるように、吉屋信子の感性あふれる作品となっています。謹厳な学者を父に持つ個人主義者の牧子を中心に、ブルジョアの娘で自由奔放な陽子、戦死した軍人を父に持つ一枝の3人を中心に進んでいきます。連載当時の昭和7年という年代が、作品の所々に見え隠れして興味深いものがあります。たとえば、「肉弾三勇士」の話は女学生の間にも浸透していて、当時の世情を映し出しています。一方、宝塚歌劇団のスターや松竹歌劇団の水江瀧子など憧れのスターの話は今とあまり変わらないものもあります。
戦前の時代背景と当時の女学生の心の動きが楽しい作品です。」

まとめ ”わすれなぐさ”ってどうなの?

まとめ ”わすれなぐさ”ってどうなの?

「昭和7年4月号〜12月号まで連載された作品を文庫化」したとされる本作品。

それでも、Amazonなどでは2010年以降の口コミにて「名作」・「おもしろい」などなど、高い評価になっている印象。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、キンドル・アンリミテッドなら月額980円で本作品含め和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題になるとのこと。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

コメントお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください