気になる百合小説その5 ”マキアート 高校生百合短編集”の詳細を見る

マキアート 高校生百合短編集ってどんな本?

マキアート 高校生百合短編集ってどんな本?

本の紹介
高校生の感情をテーマにした小説の短編集です。

やり残した青春を消化していく「さよなら、青春リスト」

名字が同じだったという理由で夫婦扱いされてしまうふたり
「舞城夫婦が恋人になるまでのお話」

突然部屋に現れたサンタと散々なコントを繰り広げる
「これはクリスマスのサンタの話」

先生に会いにいくために生徒が選び取った苦渋の選択
「破れた心を縫い合わせて」

低気圧で不機嫌になった級友に一目惚れをする「梅雨限定」

等々、合計9作の短編を収録しています。
高校生という大人と子どもの狭間に立つ少女たちの物語です。
(百合姫様とpixiv様の百合文芸小説コンテストに応募していた作品の一部を加筆修正した上で、書き下ろし3編を加えた内容になっております。)

その他情報

  • 著者:綾加奈
  • イラスト:郷本

マキアート 高校生百合短編集の口コミ・レビュー

「作品紹介に載ってる、それぞれの短編ももちろん面白いのですが、書下ろしの「私は君の味方だと囁くことしかできないけれど」と、「それでも幽霊は人生を諦めない」の後日談もあります。
この二つの小説を読んでる方は、是非手に取って読んでみて欲しいと思います。」

「どの話もとても読みやすいし面白いです。どの話ももっと続きが読みたくなります。最後の2話は後日談なので本編を読んでからがよいです。百合好きにはお勧めです。」

「著者の本は何冊か読ませていただいていますが、今までよりも断然読みやすかったです。言葉選びも個人的にはツボにはまっていて、最後まで楽しく読ませてもらいました。後は入間氏の作品を思い出させる小説でした。」

「短編集なのでサクッと読みやすいですし色んな作風が楽しめます。
青春がめちゃくちゃ詰まっていますね。
ギャグもありつつあら~ってなる作品もあったり、どれも面白いです。
表紙はさよなら青春リストの二人、後日譚も含めてとても良いです。百合文芸小説コンテストの最終選考の作品でもあります。」

まとめ マキアート 高校生百合短編集ってどうなの?

まとめ マキアート 高校生百合短編集ってどうなの?

短編ということもあり、読みやすさを高く評価する声は多い印象。
また、多作とのつながりが楽しいと評価する声も多く見受けられました。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、キンドル・アンリミテッドなら本作品含め月額980円で本作品含め和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題になるとのこと。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

コメントお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください