気になる百合小説その51 ”いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック”の詳細を見る

”いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック”ってどんな本?

”いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック”ってどんな本?

書籍詳細
全編女の子同士のいちゃらぶしかない、甘いアンソロジーが登場!
カバーイラストは大北真潤、
コミックは、大北真潤・コダマナオコ・後藤悠希・せきはら・
タカハシマコ・三国ハヂメ・南崎いく・森島明子・雪尾ゆき・蓮城はに
によるオール描き下ろし。
「大好きだから、キスのその先で貴女を感じたい…」そんな女の子同士
のいちゃいちゃHがたっぷり詰まってます♥

その他情報

  • 著者:大北真潤・コダマナオコ・後藤悠希・せきはら・タカハシマコ・三国ハヂメ・南崎いく・森島明子・雪尾ゆき・蓮城はに
  • イラスト:大北真潤

”いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック”の口コミ・レビュー

「勝手にライトな百合だと思ってたんですけど。
(いつも手をつないでるとかの、いちゃいちゃだと)
キンドルでぽちっとして、電車帰りで読んではだめなやつです。
自宅で見ましょう。
※作家陣になつかしいお名前があり、前から楽しみにしていました。
 よく考えればこの顔ぶれなら「エ〇い本」だと気づかないと
 だめですね。」

「いちゃらぶしかないというタイトル通りサカりまくり揉みまくり吸いまくりの一冊
すでに出来上がったカップルが多いので関係性が築かれる過程よりは出来上がった二人に癒されるタイプの話が多い
行くとこまで行ったカップルたちなのでほかのアンソロに比べると「もっと見たい」という物足りなさは良くも悪くもあまりなく、満足感のあるアンソロジーでした」

「エロ重視の内容です
その為、行為のシーンはかなり多いです
胸が大きいキャラが多いのも、企画に沿っていて良いと思います

カップルは成立している事が多く、
愛情確認の為に求め合うなど、
激しい話が多いです

ただ、エロさだけでなく、ラブラブなカップルの絡みは読んでいて楽しいです

オススメですが、かなり肉食百合な部分は注意して下さい」

「なぜか無性にイチャラブ百合が読みたくなり
イチャラブ百合で検索してヒットしたので即購入。
繊細な恋路も読んでいて面白いけれど
ダイレクトな表現もリアリティがあっておもしろい。
コダマナオコ先生の一言には少し笑かされました。」

まとめ ”いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック”ってどうなの?

まとめ ”いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック”ってどうなの?

「タイトルに惑わされてはいけない!」・「内容は肉食系」などのクチコミ・レビューが多い本作品。
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、キンドル・アンリミテッドなら月額980円で本作品含め和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題になるとのこと。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

コメントお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください