セックスダイエットで健康的に痩せる。ダイエット方法中最良との声も多く聞かれます。

ジョギングする女性

ダイエット。

多くの男女が常日頃意識する言葉ですね。

そして、なかなか結果を出すのが難しいことの一つとも言えます。

今回はセックスのダイエット効果がどれほど優れているのか、他のダイエット方法と比較していきたいと思います。

セックスダイエットとそれぞれのダイエット方法の消費カロリーは!?

イギリスの学術雑誌「PLoS ONE」で発表されたデータによるとセックスの消費カロリーは

  • 1時間程度のセックスで男性は平均252kcal(毎分4.2kcal)を消費
  • 1時間程度のセックスで女性は平均186kcal(毎分3.1kcal)を消費

この数値はジョギングの半分程度に相当する量となっています。

つまり

  • 30分のセックスなら15分のジョギング
  • 1時間のセックスなら30分のジョギング

それぞれと同等となっているとのこと。

さらに代謝当量(運動時に安静時の何倍のエネルギーを消費するか)で見た場合はテニスや上り坂のウォーキングと同等の数値にも匹敵するとさえ言われています。

また、運動が苦手な方でも燃え上がるようなセックスを嫌悪する人はそうそういないのではないでしょうか。

運動による消費カロリーは!?

1時間程度のセックスによる消費カロリー

  • 男性:平均252kcal
  • 女性:平均186kcal

この数字を基準に見ていきましょう。

クロールを1時間続けた場合

  • 男性は1000~1400カロリー
  • 女性は1000カロリー前後

↑さすがに消費カロリー多いですね。
ただし、1時間もクロールを続けることのできる人がどれだけいるか。
そして、続けるためにどれだけの我慢と根性が必要か。。

ウォーキンを1時間続けた場合

  • 普通に歩いて約80~100カロリー
  • 早足で歩いて約130~160カロリー

↑ウォーキングは気分転換にもなりますしいいですよね。
ただし、そこまでのカロリー消費は見込めませんね。

ランニング・ジョギングを1時間続けた場合

  • 約450〜550キロカロリー

↑ちょっと本気で走れば、そこそこのカロリーが消費できるようです。
ただ、1時間走り続けるのは、それなりの鍛錬が必要になってくるでしょう。

半身浴を1時間続けた場合

  • 約100〜200キロカロリー

↑ウォーキングと同等程度の消費カロリーとなっているようです。
半身浴をしながら小説を読むなどもいい気分転換になりますよね。

縄跳びを1時間続けた場合

  • 約400〜500キロカロリー

↑ジョギングの次くらいに消費カロリーが高いと言われる縄跳び。
ただし、下半身への負担が大きいことを懸念する声も上がっています。

サウナに1時間入り続けた場合

  • 約150〜180キロカロリー

↑沢山の汗と一緒に老廃物が排出されるなどいいことが多いです。
ただし、その割にはウォーキングと同等程度の消費カロリーなため、ダイエットとしてサウナに入るのは効率が良くないとの声も上がっています。

腹筋を10〜30回程度した場合

  • 約3〜8キロカロリー

↑そもそもが体を作るための行為なため、カロリー消費はあまり見込めないようです。
ただし、筋肉は体づくりに必要とされているため、ぜひダイエットプログラムに組み込みたいものです。

登山を1時間続けた場合

  • 約500〜600キロカロリー

↑消費カロリーの高さや爽快感など、比較的効率のいいダイエットと言われる登山。
ただし、それなりの準備は必要となるため、実践する際には気合を入れて臨みましょう。

睡眠を8時間続けた場合

  • 約350キロカロリー

↑寝ているだけでもそこそこカロリーを消費するようです。
この数字はなかなかですね。

ボーリングを2ゲーム続けた場合

  • 約100キロカロリー

↑楽しみながらできるため気分転換にもなりますし、いいですね。
ただし、そこまでのカロリー消費は見込めないようです。

成人男女の1日の基礎代謝は

  • 男性:約1,300〜1,600キロカロリー程度
  • 女性:約1,100〜1,300キロカロリー程度

となっています。

普段の食生活を振り返って、この数字以上にカロリー摂取している場合は積極的なカロリー消費が必要になってくるでしょう。

セックスのカロリー消費効率とその他のおすすめされる理由

外人男女

photo:pinterest.com

様々なカロリー消費方法の中にも、効率のいいもの・効率の悪いものなどありました。

無理にセックスによるカロリー消費を選ぶ必要はありませんが、カロリー消費効率の良さはもちろんのこと

  • 美肌効果
  • ストレス発散効果
  • 安眠効果
  • 代謝活性効果
  • 幸福度向上効果

など、スポーツでもなかなか得られない効果を実感できるとの調査結果も出ているようです。

パートナーがいらっしゃる方なら、もっと積極的に相手を欲してみてもいいでしょうし、パートナーのいらっしゃらない方ならもっとご自身の本能に正直になってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください