気になる百合小説その12 ”白い薔薇の淵まで”の詳細を見る

”白い薔薇の淵まで”ってどんな本?

”白い薔薇の淵まで”ってどんな本?

書籍詳細・あらすじ
ジャン・ジュネの再来とまで呼ばれる新人女性作家・塁と、平凡なOLの「わたし」はある雨の夜、書店で出会い、恋に落ちた。彼女との甘美で破滅的な性愛に溺れていく「わたし」。幾度も修羅場を繰り返し、別れてはまた求め合う二人だったが……。すべてを賭けた極限の愛の行き着く果ては? 第14回山本周五郎賞受賞の傑作恋愛小説。発表時に話題を読んだ受賞記念エッセイも特別収録。
  • 著者:中山可穂

”白い薔薇の淵まで”の口コミ・レビュー

「これは名作
これまで平凡に生きてきたアラサーOLの主人公。これまで何人かの男と付き合い、今は結婚を考えている彼氏もいる。

それが、塁という女の子と出会ったことで生き方が変わってしまう。

というお話です。この作品ほど鮮烈な印象を受けたものはありませんでした。
この本を手に取ったことがきっかけとなり、著者の小説を何冊か読みましたが、白い薔薇の淵までを越える作品には出会えていません。

このお話はかなり人を選ぶと思います。
好きで好きでどうしようもなくて、痛くて悲しくて、それでも幸せなお話。

恋をすることで生まれる喜び、悦楽、妬み、痛み、狂喜。主人公たちの感情がとてもリアルに表現されています。

人を好きになること、その真摯さ。それに揺さぶられ、涙する人もいると納得。
私は泣きはしませんでしたが、かなり心に来るものがありました。」

「表現のセンスが卓越している
恐らく、著者が同性愛者だからこそ、その行為の表現が美しくセンス良く描写されている。
平成の森 茉莉といえば褒めすぎかもしれないが、それくらいのセンスを感じさせる。
寡作の作家のようだが、LGBTが市民権をやや得つつある今こそ新作を望みたい。」

「ところどころ
泣きながら読んだ。どちらの気持ちにも共感したが、どちらかというとクーチの方だろう。これが純文学なのか、そうでないのか、どうでもいいのだけれど、文体も読みやすかった。名作だと思う。できれば紙で手元に置いておきたかった。」

「静かな感動と強い印象
を、終始保ったまま、読んでいた気がする。
どうしてか、
読んでいる途中眠くなったので、
寝ようとしたら、
すごくすごく恐い夢-誰かを刺してしまうような-
を見そうな気がして眠るのがとても恐いと思った。
読んでいる間中、泣きこそしなかったが、
今にも泪が零れそうな感覚がずっと続いていた。
これほどまでに感情を揺さぶられる、
そして、誰しもが心の奥底に持つ狂気を
無意識に引き出しそうになる作品は初めて。
「わたしはこれで10年年老いた」
などのような、キャッチコピーをひっさげた「感情教育」
よりも遥かに出来の良い作品だと思う。」

まとめ ”白い薔薇の淵まで”ってどうなの?

まとめ ”白い薔薇の淵まで”ってどうなの?

口コミ・レビューでも評価が高く

  • 「同性愛という「修羅の道」がいかなるものか、それを文学にした作品。」
  • 「初めて彼女の小説を読んで「痛み」を覚えました。」
  • 「読み切るにはパワーが必要です」
  • 「鋭いまでの凡庸さ」
  • 「せつなさの極み」
  • 「極限の愛」

と、これまで見てきた本の中でも”熱い”コメント・レビュー・評価が目立つ本作品。
”百合”もの初心者の方もぜひ一度目を通しておきたい作品といえます。

また、キンドル・アンリミテッドなら月額980円で本作品含め和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題になるとのこと。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

コメントお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください